神風館とは

神風館は、霊峰富士の麓、静岡県富士宮市に道場を構え、神刀流古来の伝統を継承した剣武・居合・試斬の 稽古に日々精進しております。また、青少年の育成にも力を注ぎ、神刀流の礼節を尊び、信義を重んじ、 誠を尽くし,自己の修練に努めることを目指しております。 奉納演武や試斬大会等を剣技披露の場としております。


指導方針

神刀流開祖日比野雷風先生の「天下無敵 」をモットーにし、礼節・思いやりの心・素直な心・敬の心・感謝の心・体力の養成を
基本とし、さらに勇気・忍耐・努力など精神力の向上を目指しています。 これこそが本館の指導方針です。


稽古指針

神風館では決して力任せの無理な稽古はしません。

稽古は能力を引き出すためのものだと考えるからです。次に述べる三つが神風館の稽古の指針です。

 

①心と体に無理・無駄が無い方を求めること

神風館では無理・無駄が無い動きを尊びますので重い木刀で素振りを行ったり、筋肉トレーニングを行ったりする事はないです。業を身につけるためには余計な筋力が邪魔をし、自分には力があるという思いが上達の邪魔をしてしまいます。筋力の無い子供や女性の上達が速やかな理由はここにあります。

 

②素直に先生や兄弟子の教えにこたえること
先生や兄弟子の指導を受けて、その指導を素直に吸収する方は速やかに上達します。反対に自分がこれまで得てきた経験や知識によって自分の都合の良いように指導されたことを解釈してしまえば遠ざかってしまいます。素直であることは上達のために欠かすことができません。

③自分自身で研究追及し稽古を継続すること
上達は見栄えよく演武できることではなく、その形の原理原則を身につけ自由に動けるようになることです。したがって自分自身で技が自分のものとなるまで工夫探求することなしに上達はありません。外見上は、上達していないように見えても工夫探求している方は時が至れば急速に上達します。


道場心得 ~10箇条~

① 道場に入る時は「お願いします」、出る時は「ありがとうございました」と一礼すること。
② 稽古の開始時間前には、道場の掃除を行い、開始時間まで待機していること。
③ 遅れて来た者は、通常のあいさつを行い速やかに練習の輪に入ること。
④ 稽古中は先生の指示に従い、気持ちを集中し、一所懸命稽古すること。
⑤ 「あいさつ・返事」は大きな声でする。
⑥ 先生に対しては、謙虚な姿勢で臨み、注意を受けた時は「はい」と大きな声で返事すること。
⑦ 先生が指導している時は、集中して聞くこと。
⑧ 先輩に対しては、礼儀をわきまえ、先輩は後輩に対して驕った態度を取らずに親切に導くこと。
⑨ 段位・級位が上がっても年上の人に対し謙虚な姿勢や言葉遣い・素直な態度で接すること。
⑩ 居合に関する事で行動する場合は、先生と連絡を取り指示を受けること。


神刀流 剣武 居合 居合抜刀術

 神風Shinto-Ryu Shinpu-Kan

〒418-0037静岡県富士宮市安居山706-24

TEL : (0544) 27-6060FAX : (0544)25-3700

facebook : https://www.facebook.com/Shinpikan/

E-Mail : shintoryu-shinpukan@yahoo.co.jp