よくあるご質問


居合とはどんなことをするのですか?

居合は剣道の様に相手と対戦する武道ではなく、形(かた)で実践を想定した刀法を稽古します。
また、形を稽古する以前に刀の基本的こと(握り方、振り方など)から覚えて頂きます。
初心者の指導では、初めにゆっくりとした速さで足運びや刀の振り方をお教えします。

 

全く武道経験がありませんが大丈夫でしょうか?
まったく心配はいりません。基本から丁寧に指導しますので、年齢を問わず安心して入門してください。
誰でも最初は初心者なのですから。


居合は何歳から始められますか?
神風館では、特に年齢制限は設けていませんが、居合刀や道着のサイズがある小学校低学年くらいからが
よろしいかと思います。


女性ですが大丈夫でしょうか?
女性の練習生もいらっしゃいますのでご安心ください。
居合は仮想敵との稽古ですので、実際に相手と打ち合うものではありません。


初めにそろえなければいけない道具はありますか?
入門当初は、神風館道場から道具をお貸しします。
服装も運動ができる格好で構いません。
ですが入門して頂いた後は、道着などを早めにご購入して頂きます。
必要になるものは
・道着(1万円程度)
・居合刀(2万円~)
・ひざパット(バレーボール用で構いません)
・居合刀ケース(5千円程度)
最低限、上記のものが必要ですが、居合の道具は1度購入すると数年間は使うことができます。


他の流派で居合を学んでいましたが、入門できますか?
現在、他流派に在籍していなければ、どなたでも入門して頂けます。


仕事との両立はできますか?
大丈夫です。門下生のほとんどが仕事を持ちながらでも稽古されています。
各人が自分のペースで稽古できるように配慮させて頂いてます。


稽古では本物の日本刀を使用するのでしょうか?
居合初心者の方は居合刀(合金製の刃がついていないもの)を使用して頂きます。
見た目は本物みたいですが、斬れないので安心して稽古ができます。
高段者になってからは、本物の刀(真剣)で稽古することもできます。


試し斬りは行っていますか?
神風館では、巻藁や青竹などの試し斬りを行っております。